面白くて、為になる

日本で最大のレベルを誇る大手発表社、講談社の準備は1909カテゴリー、明治42カテゴリーにさかのぼります。
初代社主は野間清治様、「大我が国雄弁会」という企業を立ち上げ、「雄弁」というニュースを発行していたのだそうです。
野間様は現在でいう東大の出で、弁論の書記を通していました。
準備当時から「面白くて、為になる」手直し考えをとっているとのことです。
「講談社」を名乗り始めたのは1911カテゴリー(明治44カテゴリー)で、「講談倶楽部」というニュースを創刊しました。
そもそも「講談」は、寄席演芸の種類の一つで、主に軍記物を語るタイプのことを言うそうです。
その後「ギャル倶楽部」(’14カテゴリー)「第一人者」(’24カテゴリー)が呼び物ニュースとなりました。
1938カテゴリー(昭和13カテゴリー)には正式に団体講談社として、「なかよし」(’54カテゴリー)「週刊現代」「雑誌」(共々’59カテゴリー)「フレンド」(’62カテゴリー)「with」(’81カテゴリー)「モーニング」(’82カテゴリー)「Vivi」(’83カテゴリー)「アフタヌーン」(’86カテゴリー)など現在でも大人気のニュースを為し遂げるようになります。
発表不況が叫ばれて久しいですが、講談社は電子書物やWeb書籍でのパーツ売買など、これまでの結果をモチベーションとして真新しいことに挑戦しているようです。ライン掲示板はコチラ